かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

憲法草創の碑けんぽうそうそうのひ

横浜・川崎地域 名所・旧跡

江戸時代、金沢八景が観光名所として栄えていた頃、瀬戸橋近くには旅館や料亭が立ち並び賑わいをみせていました。その中の東屋で、明治20(1887)年、伊藤博文を中心に井上毅、伊東巳代治、金子堅太郎の4名が、明治憲法の草案づくりをしていました。ある日、その草案原稿の入った鞄の盗難事件が起こり、それを機会に、夏島にある伊藤博文の別荘で草案づくりは続けられました。昭和10(1935)年に金子堅太郎により東屋の庭に「憲法草創の碑」が建てられましたが、「歴史の道」整備の折に現在の三叉路ロータリーに設置されました。

営業時間 見学自由
見学所要時間 約15分
所在地 神奈川県横浜市金沢区洲崎町7
アクセス 首都高速湾岸線幸浦I.C.より約15分
ボランティアガイド 特定非営利活動法人横浜シティガイド協会
TEL.045-228-7678
近隣のおすすめ施設など 金沢文庫、横浜・八景島シーパラダイス、海の公園
ページの先頭へ戻る