かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

柴漁港(漁港直売所)しばぎょこう(ぎょこうちょくばいしょ)

横浜・川崎地域 グルメ・お土産

小柴の通称で知られる柴漁港は、穴子やシャコの水揚げで有名です。とくに東京湾の穴子は江戸前を代表する食材。旬は5月半ばから9月で、ほどよく脂が乗り身がふっくらと厚くなり、天ぷらや白焼き、寿司でいただくと美味。シャコは東京湾で小型底曳き網により漁獲され、春から夏が旬でアナゴとともに寿司だねとして人気で、柴漁港で水揚げされたものは「小柴のシャコ」として珍重されています。どちらも「かながわの名産100選」の1つでもあります。「穴子丼」が名物の漁協直営食堂も(金土日祝日のランチのみ)もあるので、ぜひ足を運んではいかがでしょう。

営業時間 漁船が出漁した毎週日曜日と祭日の13:30-16:00頃まで(天候等で漁船が出漁しない場合は開店しないため、要事前電話確認)
見学所要時間 約60分
所在地 神奈川県横浜市金沢区柴町397
アクセス 首都高速湾岸線幸浦I.C.より約10分
お問合せ 045-785-6161
ボランティアガイド 特定非営利活動法人横浜シティガイド協会
TEL.045-228-7678
近隣のおすすめ施設など 称名寺、横浜・八景島シーパラダイス、海の公園
ページの先頭へ戻る