かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

江の島サムエル・コッキング苑えのしまさむえる・こっきんぐえん

湘南地域 文化・芸術・乗物 自然・公園

昭和24(1949)年に藤沢市営「江の島植物園」として運営してきたものが、新たに整備されました。施設の名称については、この地に煉瓦造りの温室を含む植物園を造園したイギリスの貿易商「サムエル・コッキング氏」の名前から命名したもので、苑内には、藤沢市と姉妹友好都市提携しているウインザー広場(カナダ)、マイアミビーチ広場(米国)をはじめ、松本(長野県)、昆明市(中国)、保寧市(韓国)の関連施設があります。

営業時間 9:00-20:00まで(最終入場は19:30まで)※年中無休
見学所要時間 約60分
所在地 神奈川県藤沢市江の島2-3-28
アクセス 新湘南バイパス藤沢I.C.より約25分
お問合せ 江ノ島電鉄株式会社 事業部0466-25-3525
webサイト https://enoshima-seacandle.com/seacandle/
入苑料 大人200円、小人100円※団体料金(20名以上)大人180円、小人90円
ボランティアガイド 観光ボランティアガイド
「江の島藤沢ガイドクラブ」
TEL0466-24-4141
バリアフリー情報 多目的トイレ
体験プラン そば打ち体験(そば道場松本館)
おすすめイベント情報 Colors-Fest!enoshima(2018年4/14−6/10)
※2018年以降の実施日はご確認ください。
近隣のおすすめ施設など 江の島シーキャンドル、新江ノ島水族館、江の島岩屋、江島神社
その他 GW、夏休み(7月中旬-8月)は多少混雑
ページの先頭へ戻る