かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

四之宮の渡ししのみやのわたし

湘南地域 文化・芸術・乗物

江戸時代、幕府が相模川への架橋を禁じたため四之宮(平塚市)の農民は耕地を行き来するため渡し船を利用しました。家康も中原後殿との往復に使い、伊勢参りなどの東海道の旅人も迂回路として使ったと言われています。昭和30(1955)年頃になると食糧事情が好転して川を渡ってまで耕作する必要がなくなり、渡しは廃止されました。相模川湖畔に説明板が立っています。

営業時間 見学自由(説明板)
見学所要時間 約10分
所在地 神奈川県平塚市四ノ宮4-20-37
アクセス 首都圏中央連絡自動車道寒川南I.C.より約6分
お問合せ 0463-20-5110(一般社団観光協会平塚市観光協会)
近隣のおすすめ施設など 前鳥神社
ページの先頭へ戻る