かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

相州達磨そうしゅうだるま

湘南地域 グルメ・お土産

明治時代に八王子から伝わった多摩だるまが平塚で独自の発展を遂げたのが相州達磨です。顔が白く金箔や細かい描写を施すのが特徴で、全国的にも珍しい毛が付いた達磨もあります。七転八起の縁起物として、家内安全、商売繁盛、学業成就などの願掛け用に喜ばれており、「かながわの名産100選」にも選ばれています。

ページの先頭へ戻る