かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

海老名市温故館えびなしおんこかん

県央地域 文化・芸術・乗物

大正7(1918)年に建てられた旧海老名村役場の建物を移築し、利用している郷土資料館です。1階は相模国分寺の模型や秋葉山古墳群の資料、市内の遺跡で発掘された土器などをはじめ、海老名の歴史に関する資料を展示しています。2階は「衣・食・住」をテーマに、明治・大正・昭和にかけての生活用具・農具などの庶民生活の暮らしを知るための民俗資料を展示しています。

営業時間 【開館時間】9:00-17:15
【休館日】年末年始(その他臨時に休館することがあります)
見学所要時間 約30分
所在地 神奈川県海老名市国分南1-6-36
アクセス 首都圏中央連絡自動車道海老名I.C.より約11分
お問合せ 046-233-4028
webサイト 海老名市立郷土資料館「海老名市温故館」について|海老名市公式ウェブサイト
駐車場・料金 有(無料/2-3台)
近隣のおすすめ施設など 史跡相模国分寺跡(当館でガイド可能)
ページの先頭へ戻る