かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパスうちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこう(じゃくさ)さがみはら

県央地域 文化・芸術・乗物

宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパスは、日本の宇宙科学研究の中心的な施設です。見学施設では、小惑星探査機「はやぶさ」の実物大模型や「はやぶさ」が小惑星イトカワで採集した微粒子を地球に持ち帰ったカプセルの原寸模型が展示されています。そのほかにも月周回衛星「かぐや」や金星探査機「あかつき」などを紹介するコーナー、さらに日本のロケット開発の父と呼ばれる糸川英夫博士が実験に使用した「ペンシルロケット」(実機)、小型飛翔体の模型なども展示されています。屋外にはM-VロケットやM-3SIIロケットの原寸模型を展示しています。キャンパス内にある食堂や売店も利用することができ、売店では宇宙食やJAXAグッズも購入できます。

営業時間 【開館時間】9:45-17:30
【休館日】なし
見学所要時間 約60分
所在地 相模原市中央区由野台3-1-1
アクセス 東名高速道路横浜町田I.C.より約25分
お問合せ 042-759-8008(広報宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパス 広報・普及係)
webサイト http://www.isas.jaxa.jp/
入館料金 無料
駐車場・料金 有(無料):若干数あり
ボランティアガイド 月に10日程度(平日)、解説付き見学ツアーを開催
近隣のおすすめ施設など 相模原市立博物館、東京国立近代美術館フィルムセンター 相模原分館
ページの先頭へ戻る