かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

三殿台遺跡さんとのだいいせき

横浜・川崎地域 名所・旧跡 自然・公園

三殿台遺跡は横浜市磯子区岡村にある縄文・弥生・古墳時代のムラの跡で、縄文時代から古墳時代にわたる約250軒もの竪穴住居跡が見つかっています。特に弥生時代の住居は170軒近くあり、当時のムラとしては大変貴重なものであることがわかっています。そのため、大岡川流域の原始・古代のムラの様子と生活の内容を知ることができる重要な遺跡であるとして、昭和41年に国の指定史跡となり、翌昭和42年、三殿台考古館が開館して、遺跡とともに公開されています。横浜出身の音楽ユニット「ゆず」のブックレットにも登場しています。

営業時間 【開館時間】(4月-9月)9:00-17:00(10月-3月)9:00-16:00
【休館日】月曜日(祝日の場合翌日)、年末年始
見学所要時間 約30分
所在地 神奈川県横浜市磯子区岡村4-11-22
アクセス 神奈川3号狩場線花之木I.C.より約10分
お問合せ 045-761-4571
webサイト 横浜市三殿台考古館
駐車場・料金 有(無料)乗用車5台可※大型バスは進入できません
おすすめイベント情報 3/1(春分の日)弓矢うち大会実施(対象:小学生)
※2018年以降の実施日はご確認ください。
近隣のおすすめ施設など 岡村公園、はまぎんこども宇宙科学館、日清オイリオウェルネスギャラリー
その他 縄文時代復元住宅は老朽化のため、閉鎖中※弥生時代・古墳時代は、これまで通り自由にご見学いただけます。
ページの先頭へ戻る