かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

鈴廣かまぼこ博物館すずひろかまぼこはくぶつかん

県西地域 グルメ・お土産

かまぼこが小田原の名産になったのは江戸時代のこと。なかでも、慶応元(1865)年創業の鈴廣が運営する「かなぼこ博物館」は、見て、つくって、遊びながら、かまぼこについて楽しく学べる体験型博物館。職人による伝統的なかまぼこづくりが見学できるだけでなく、手づくり体験教室でかまぼこと竹輪を作ることができます。
2階には、かまぼこ板を使ったアート作品の展示「かまぼこ板絵美術館」、3階には、遊びながら学べる体験型ミュージアムがあり、かまぼこの原料や製法、科学、歴史、健康ニーズまで幅広く学べます。
敷地内には、古民家を移築した食事処「千世倭棲(ちょうわろう)やバイキングレストラン「えれんなごっそ」も併設しており、地元の魚や野菜を使ったお料理も楽しめます。

営業時間 【営業時間】9:00-17:00
【休館日】年末年始、臨時休館日※工場見学は水曜定休。
見学所要時間 約120分
所在地 神奈川県小田原市風祭245
アクセス 東名高速道路厚木IC経由、小田原厚木道路箱根口I.C.から約1分
お問合せ 0465-24-6262
webサイト http://www.kamaboko.com/
入場料金 無料(かまぼこ手作り体験はお一人様1,620円・水曜はちくわのみ体験教室を開催(参加料540円))
駐車場・料金 有(有料)大型バス可
バリアフリー情報 車椅子用トイレあり
体験プラン かまぼこ手づくり体験教室※1日4回開催(水曜日を除く)・要予約
近隣のおすすめ施設など 小田原城址公園、報徳二宮神社
その他 手づくり体験は要予約
ページの先頭へ戻る