かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

足柄峠からの眺め(足柄城址)あしがらとうげからのながめ(あしがらじょうし)

県西地域(静岡) 名所・旧跡

豊臣秀吉率いる軍が北条軍の小田原城を包囲すると、西の防衛拠点であった山中城がわずか半日で落ち、足柄城もほどなく開城することとなりました。足柄城があった足柄峠からは、雄大な富士山や箱根越えが整備される前の東海道が望めます。周辺には石畳の道など見所が多く、江戸時代は脇街道(矢倉沢往還)として利用されました。

見学所要時間 約10分
所在地 静岡県駿東郡小山町竹之下
アクセス 東名高速道路大井松田I.C.より約33分
ページの先頭へ戻る