かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

愛川町の三増合戦場碑あいかわまちのみませかっせんじょうあと

県央地域 名所・旧跡

永禄12(1569)年に北条軍と武田信玄率いる武田軍が衝突した三増峠の戦いの碑。武田勢の逆襲により、北条方は多数の死者を出しました。熾烈を極めた三増峠の戦いは、双方で4,000人を超える死者を出したと『甲陽軍鑑』は伝えています。三増合戦場碑が立つ広場では、慰霊のため毎年「三増合戦まつり」が10月の日曜日に開催されています。

見学所要時間 約10分
所在地 神奈川県愛甲郡愛川町三増1126
アクセス 首都圏中央連絡自動車道(さがみ縦貫道路)相模原愛川I.C.より約18分
近隣のおすすめ施設など 愛川町郷土資料館
ページの先頭へ戻る