かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

早雲寺そううんじ

県西地域 寺社・仏閣

戦国時代末期、関東のほぼ全域を支配した小田原北条五代の祖が北条早雲(宗瑞)でした。東海道に臨む交通の要衝、小田原を拠点に早雲は、相模国守護の三浦氏を滅ぼし、伊豆と相模国三浦郡を支配。小田原城の整備も進めましたが、自身は韮山に留まり、名実ともに小田原を北条氏の拠点としたのは早雲没後、嫡男の氏綱でした。箱根湯本に建つ早雲寺は大永元(1521)年に氏綱によって創建された北条氏の菩提寺です。秀吉の小田原攻めでは本陣が置かれました。北条五代の供養塔もあります。

営業時間 夏:5:00-17:00
冬:6:00-16:00
見学所要時間 約10分
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町湯本405-03
アクセス 西湘バイパス・小田原箱根道路箱根口I.C.より約6分
お問合せ 0460-85-5133
webサイト http://www.souunji.jp/
駐車場・料金 有(無料)8-10台
※葬儀・法要などで駐車制限する場合もあります。
※大型バスの駐車スペースはありません。
近隣のおすすめ施設など 小峯御鐘ノ台大堀切
小田原城天守閣
石垣山一夜城
その他 ※門前に町営有料駐車場があります。
※門前の県道(旧東海道)は大型下り一方通行なので、乗客を降ろしたのち、箱根湯本駅前の観光駐車場を利用してください。
ページの先頭へ戻る