かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

北条氏政・氏照公の墓所ほうじょううじまさ・うじてるのはかしょ

県西地域 名所・旧跡

戦国時代末期、関東のほぼ全域を支配した小田原北条氏。小田原北条五代の祖である北条早雲をはじめ、2代氏綱、3代氏康、4代氏政、5代氏直と順調に勢力を拡大してきました。しかし天正18(1590)年、豊臣秀吉率いる約21万の大軍に小田原城を包囲され、約100日の籠城の結果、氏直は降伏することとなりました。氏政と弟の氏照は切腹、助命された氏直も翌年高野山で病没し、100年近くに及んだ小田原北条氏の歴史は幕を閉じました。氏政と氏照の墓所は江戸時代につくられたもので、手前の石上で自刃したといいます。

見学所要時間 約10分
所在地 神奈川県小田原市栄町2-7-8
アクセス 小田原厚木道路荻窪I.C.より約6分
近隣のおすすめ施設など 小峯御鐘ノ台大堀切
早雲寺
小田原城天守閣
ページの先頭へ戻る