かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

箱根関所資料館・箱根関所はこねせきしょしりょうかん・はこねせきしょ

県西地域 文化・芸術・乗物 名所・旧跡

芦ノ湖に臨む箱根関所は元和5(1619)年、徳川幕府が江戸の守りを固めるために設置しました。箱根宿開場と同時に隣接して設置され、江戸への入出を厳しく監視。笠や頭巾を取って顔を確認し、乗り物の旅人は扉を開けて中をチェックしました。大名行列でも不審者がいれば審査したといわれています。
平成19(2007)年に、江戸時代末期に行われた解体修理の文古書と発掘調査を基に往時の姿を再現し公開しています。併設の資料館には、通行手形や古文書、武器類など関所に関する資料が展示され、箱根関所の歴史を学ぶことができます。

営業時間 9:00-17:00
冬期(12/1-2月末日)9:00-16:30
※入場は閉館の30分前まで
■休館日/なし
見学所要時間 約1時間
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町箱根1
アクセス 小田原厚木道路小田原西ICより約40分
お問合せ 0460-83-6635
webサイト http://www.hakonesekisyo.jp/
入館料金 大人500円、小人250円

団体(20名以上)
大人350円、高校生150円、中学生120円、小学生100円
バリアフリー情報 ◆駐車場
車椅子使用者を含む障害者優先の駐車場あり(3台)
通路舗装済

◆施設内
出入口手すりあり
出入口スロープあり
車椅子走行一部可能

◆サービス
車椅子の貸出あり(2台)

※箱根関所復元施設は江戸時代当時の姿を完全復元しているため、バリアフリー対応となっていませんが、箱根関所資料館はスロープも設置しており、バリアフリー対応しています。
おすすめイベント情報 箱根関所資料館では旧暦にならい、4月18日まで大正時代以前のおひなさまを展示しています。
※2018年以降の実施日はご確認ください。
近隣のおすすめ施設など 箱根旧街道杉並木
箱根芦ノ湖
ページの先頭へ戻る