かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

箱根神社はこねじんじゃ

県西地域 寺社・仏閣

関東総鎮守箱根大権現と尊崇されてきた名社。豊かな自然に囲まれた境内は、老杉が立ち聳え、芦ノ湖には朱塗りの「平和の鳥居」が立っています。天平宝字元(757)年、箱根大神の御神託を受けた万巻上人が、勅願によって創建しました。平安朝初期に箱根路が開通した後は、行きかう旅人が道中の安全を祈るように。鎌倉時代には、源頼朝をはじめ北条氏や徳川家康などの武将の崇敬を集め、箱根権現として信仰されました。
東海道が整備され箱根宿や関所が設置されると、交通安全祈願所としてますます信仰を集めるようになり、庶民信仰の聖地へ。明治の初年には神仏分離により、関東総鎮守箱根大権現は、箱根神社と改称されました。

営業時間 8:00-17:00
見学所要時間 約30分
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
アクセス 小田原厚木道路小田原西ICより約23分
お問合せ 0460-83-7123
webサイト http://hakonejinja.or.jp/
拝観料金 無料
ただし宝仏殿拝館は有料
宝物殿/大人500円、小人300円
団体(25名以上)大人400円
団体(25名以上)小人250円
駐車場・料金 あり(無料)
大型バス可(220台)
バリアフリー情報 ◆野外通路
車椅子走行可能
通路舗装済

◆施設内
通路スロープ一部設置
車椅子走行可能
食事施設での車椅子利用可能

◆トイレ
多目的トイレあり
緊急呼び出し用ボタン全ての個室に設置済

◆サービス
有人の受付あり
車椅子の貸出あり(2台)

※平成31年境内整備事業の完遂を以て車椅子利用者をはじめ障害者参拝対応が整います。
近隣のおすすめ施設など 九頭龍神社
箱根旧街道
箱根芦ノ湖
ページの先頭へ戻る