かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

高来神社たかくじんじゃ

湘南地域 寺社・仏閣

大磯の高麗山の麓にある神社。神功皇后が三韓征伐に勝利した後に、高麗大神和光を祀ったといわれています。のちに行基が高麗寺を創建、千手観音を併せ祀りました。鎌倉時代には、源頼朝が妻・北条政子の安産祈願のために神馬を奉ったことでも知られています。江戸時代には徳川家康の神影である東照大権現が併せ祀られ、諸大名は参勤交代の折に馬を下りて参詣していました。

見学所要時間 約30分
所在地 神奈川県中郡大磯町高麗2-9-47
アクセス 小田原厚木道路大磯ICより約22分
近隣のおすすめ施設など 尾上本陣跡
ページの先頭へ戻る