かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

相模国総社六所神社さがみのくにそうしゃ ろくしょじんじゃ

湘南地域 寺社・仏閣

 後北条氏や徳川の歴代将軍から崇敬を集めた相模国の総社。櫛稲田姫命を祖神とし、一之宮寒川神社(寒川)、二之宮川勾神社(二宮)、三之宮比々多神社(伊勢原)、四之宮前鳥神社(平塚)、平塚八幡宮(平塚)の分霊も祀られていることから、相模国総社 六所神社と称されるようになりました。
 毎年5月5日には、相模の六社が集い、国府祭が催されます。今から1,000年以上前、相模国の国司が天下泰平と五穀豊穣を祈願したのが始まりとされています。神揃山では、相模国の成立にあたり論争の模様を儀式化した神事・座問答が行われ、国司祭や三種類の舞が奉納されます。

 
営業時間 8:00ー17:00
見学所要時間 約30分
所在地 神奈川県中郡大磯町国府本郷935
アクセス 小田原厚木道路大磯I.C.より約6分
お問合せ 0463-71-3737
webサイト http://www.rokusho.jp/
おすすめイベント情報 2月3日/節分祭(2月3日3時半より、約100人の福男により豆まきが行われます)
※年間を通じてイベントや祭祀あり
※2018年以降の実施日はご確認ください。
近隣のおすすめ施設など ●旧吉田茂邸
●大磯城山公園
ページの先頭へ戻る