かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

旧横浜ゴム平塚製造所記念館きゅうよこはまごむひらつかせいぞうしょきねんかん

湘南地域 文化・芸術・乗物

八幡山の洋館”の愛称で親しまれる、平塚市内で唯一の明治時代の洋風建造物。日本火薬製造が明治40(1907)年頃から平塚で火薬を製造。その後、海軍が買収し火薬廠として利用していましたが、平成16(2004)年に横浜ゴム株式会社から平塚市に無償譲渡。現在、記念館として一般公開されています。
特徴は、屋根の上から部分的に突き出している塔屋や主屋のアーチ形の窓、その下に施された装飾、北側の壁に設けられた台形に張り出した出窓など。国の登録有形文化財(建造物)として無料で見学できるほか、会議室は市民に有料で貸し出され、市民活動の場所としても使用されています。

営業時間 9:00-21:30 休館日:月曜
見学所要時間 約2時間
所在地 神奈川県平塚市浅間町1-1八幡山公園内
アクセス 小田原厚木道路平塚ICより約21分
お問合せ 0463-35-7114
webサイト http://hiratsuka-yokan1906.jp/
入館料金 無料
バリアフリー情報 入口段差なし
車椅子使用者用トイレ(1台)
貸車椅子サービス
介助サービス
オストメイト専用トイレ
温水洗浄機能付き便座

◆野外通路
段差(2cm以上)なし
車椅子走行可能
通路舗装済

◆施設内
出入口段差(2cm以上)なし
通路スロープ一部設置
車椅子走行可能
車椅子の貸出あり(1台)
館内受付まで点字ブロックで誘導
近隣のおすすめ施設など 平塚八幡宮
平塚市博物館
ページの先頭へ戻る