かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

遊行寺橋ゆぎょうじばし

湘南地域 名所・旧跡

藤沢橋交差点の近くにある境川に架かる朱塗りの橋で、かつては大鋸橋と呼ばれていました。現在の橋は、昭和35(1960)年に造られたものです。
東海道はこの橋を通っており、当時はここが江の島道との分岐点でした。橋のたもとには、幕府からの法令や通達を知らせる高札場が、橋を南下した場所には、江の島道の入り口を示す一の鳥居が建っていました。鳥居の一部は、現在、遊行寺宝物館の入り口に保存されています。
藤沢宿や遊行寺橋近辺から遊行寺の風景は、浮世絵の東海道五十三次シリーズにも多く描かれており、藤沢宿が当時、遊行寺や江ノ島詣への観光客で賑わっていたことがうかがえます。

見学所要時間 約15分
所在地 神奈川県藤沢市藤沢1-1-35
アクセス 新湘南バイパス藤沢ICより約21分
お問合せ 藤沢市観光センター
0466-22-4141
近隣のおすすめ施設など 遊行寺
藤沢市ふじさわ宿交流館
ページの先頭へ戻る