かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

遊行寺(敵御方供養塔)ゆぎょうじ(てきみかたくようとう)

湘南地域 寺社・仏閣

遊行寺として知られる清浄光寺は、踊り念仏の布教で知られる一遍上人が開いた時宗(浄土教一宗派)総本山。正式名は、藤沢山無量光院清浄光寺。正中2(1325)年に、遊行四代呑海上人が廃寺を再生し創建しました。
浄瑠璃や歌舞伎の題材となった「小栗判官照手姫伝説」でも知られた人気の観光地で、藤沢はこの遊行寺の門前町として発展しました。
境内東門を入ってすぐ左にある敵御方供養塔は、室町時代に起こった禅秀の乱によって出た多くの死傷者を弔うために、遊行十四代太空上人が建立したもの。大正15(1926)年に国の重要史跡に指定されています。

営業時間 9:00-16:00
見学所要時間 約30分
所在地 神奈川県藤沢市西富1-8-1
アクセス 新湘南バイパス藤沢ICより約15分
お問合せ 0466-22-2063
webサイト http://www.jishu.or.jp/
駐車場・料金 有(無料)
大型バス可(10台)
バリアフリー情報 車椅子使用者用トイレあり
オストメイト専用トイレあり
近隣のおすすめ施設など 藤沢市ふじさわ宿交流館
白旗神社
さつまや本店
ページの先頭へ戻る