かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

上方見付跡かみがたみつけあと

横浜・川崎地域 名所・旧跡

見付は城下に入る人々を監視する見張り場の意味で、宿見付も宿の出入り口を意味すると同時に、宿を守る防御施設としての意味を持っています。各宿場の両端には見附が設けられ、京都側を「京方見付」や「上方見付」と呼んびました。戸塚上方見付は、江戸方見付から、約2.2㎞の距離にある戸塚宿京方の出入口で、京方面に広がる長大な大坂の上りは数々の浮世絵の背景に登場する名所です。

                        
見学所要時間 約10分
所在地 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町2995
アクセス 横浜新道戸塚出口より6分
webサイト 横浜市 戸塚区役所 上方見付跡
近隣のおすすめ施設など ●富塚八幡宮
●八坂神社(戸塚宿)
ページの先頭へ戻る