かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

神奈川台の関門跡かながわだいのかんもんあと

横浜・川崎地域 名所・旧跡

安政5(1858)年、横浜が開港されると、国内の尊王攘夷運動の煽りを受けて外国人の殺傷事件が度々発生しました。イギリス総領事オールコックをはじめとする各国の領事らの非難を受けて幕府は、安政6(1859)年、神奈川宿の東西に関門を設置。その西側の関門が「神奈川台関門跡」であり、現在、碑が立っています。明治4(1871)年に関門・番所とも廃止されました。

見学所要時間 約10分
所在地 神奈川県横浜市神奈川区台町
アクセス 首都高速横羽線東神奈川I.C.より4分
近隣のおすすめ施設など ●横浜ベイクォーター(金港町)
●水上バス(金港町)
●本覚寺(高島台)
ページの先頭へ戻る