かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

旧逸見浄水場きゅうへみじょうすいじょう

横須賀・三浦地域 名所・旧跡

大正10(1921)年に旧海軍により建設された横須賀市内唯一の浄水場でした。
相模川支流の中津川の水を水源とし、緩速ろ過方式で日量9,800立方メートルの水道水を浄水していましたが、半原系統の廃止とともにその役割を終え、現在は安全で安心な水を日々届ける上下水道事業の重要拠点となっています。
場内の緩速ろ過池調整室、配水池入口、ベンチュリーメーター室が、平成28(2016)年に日本遺産構成文化財になりました。また、これらの建造物は平成17(2005)年に国登録有形文化財にも登録されています。

営業時間 見学不可
所在地 神奈川県横須賀市西逸見町2-10
アクセス 横浜横須賀道路横須賀出口から本町山中有料道路を経由して5分
お問合せ 046-822-8607(横須賀市上下水道局経営部総務課)
おすすめイベント情報 ・走水神社針供養(2018年3月10日※2018年以降の実施日はご確認ください/場所:神奈川県横須賀市 走水神社)
近隣のおすすめ施設など ●観音崎公園(鴨居)
●海辺つり公園(平成町)
ページの先頭へ戻る