かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

東京湾第三海堡構造物とうきょうわんだいさんかいほこうぞうぶつ

横須賀・三浦地域 自然・公園 名所・旧跡

東京湾海堡は東京湾上に作られた人工島に砲台を設置した3つの防衛施設で、第三海堡は明治25(1892)年8月着工、大正10(1921)年3月完成。完成して2年後の大正12(1923)年の関東大震災で大きな被害を被りました。近年航路障害となっていたことから平成12年から19年に掛けて撤去工事がされ、兵舎など一部の構造物がうみかぜ公園内に移設され保存されています。平成20(2008)年横須賀市指定重要文化財に指定。

見学所要時間 約10分
所在地 神奈川県横須賀市平成町(うみかぜ公園内)/横須賀市夏島町(夏島都市緑地)
アクセス 本町山中有料道路出口より6分
お問合せ 046-826-2899(管理事務所)
webサイト うみかぜ公園HP
http://www.nissan-nics.co.jp/umikaze/index.html
近隣のおすすめ施設など ●観音崎公園(鴨居)
●海辺つり公園(平成町)
ページの先頭へ戻る