かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

走水低砲台跡はしりみずていほうだいあと

横須賀・三浦地域 文化・芸術・乗物 名所・旧跡

平成28(2016)年になって公開された走水低砲台跡は、日本武尊が東征の際に御旗を立てたとされる「旗山崎」の地に作られた砲台で、明治時代に着工、終戦まで稼働状態にあったため現在もほとんどの遺構が良好な状態で遺存されています。当時27センチカノン砲等が設置されていた4つ現存する半円形の砲座や、小隊長掩壕や兵舎、弾薬庫の内部も見学できます。日本遺産構成物として登録。

営業時間 ガイド付きツアーのみ見学可
見学所要時間 約50分
所在地 神奈川県横須賀市走水2-698(旗山崎公園内)
アクセス 横浜横須賀道路馬堀海岸出口より4分(駐車場無し)。京急線馬堀海岸駅からバス「観音崎行」(約10分)「走水上町」バス停下車
お問合せ 046-822-9561(横須賀市公園管理課)
ガイド 猿島公園専門ガイド協会(TEL080-6655-0557/8-18時/5名まで2,200円、6名以上1名400円/1週間前まで申込/http://sarushima-guide.jimdo.com/)
NPO法人よこすかシティガイド協会事務局(TEL046-822-8256/9-17時土日祝日を除く/1名300円2名以上でFAX申込み(1名300円)/http://yokosuka.kankoh-guide.com/)
おすすめイベント情報 ・日米親善よこすかスプリングフェスタ(2018年4月7日※2018年以降の実施日はご確認ください/場所:神奈川県横須賀市米海軍横須賀基地)
・走水神社針供養(2018年3月10日※2018年以降の実施日はご確認ください/場所:神奈川県横須賀市 走水神社)
近隣のおすすめ施設など ●観音崎公園(鴨居)
●海辺つり公園(平成町)
ページの先頭へ戻る