かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

大山道の道標おおやまみちのどうひょう

湘南地域 名所・旧跡

大山信仰が爆発的な人気となった江戸時代、大山を目指す参詣の道は「大山道」と呼ばれました。もともと地域の生活道だったところに参拝者が献納したと思われる石灯篭や不動尊が立ち、地域の人々が参拝者を案内するために建てた道標などが置かれることで次第に信仰の道として整えられていきました。大山道に点在する道標は正面に大山道の文字が刻まれ、大山寺の本尊にちなんで不動明王が彫られたものが多くあります。

見学所要時間 約5分
ボランティアガイド いせはら観光ボランティアガイド&ウォーク協会
TEL:0463-95-0807
近隣のおすすめ施設など 大山阿夫利神社
大山寺
ページの先頭へ戻る