かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

名越切通なごえきりどおし

横須賀・三浦地域 名所・旧跡 自然・公園

切通とは、鎌倉と隣接地域を結ぶために山や丘などを切り開いて通した道のことであり、なかでも最も重要とされた7つの道を鎌倉七口といいます。名越切通は鎌倉七口の中でも当時の面影をよく残しており、鎌倉から逗子、三浦半島へと通じる古道です。また、最も重要な軍事的拠点としても重視されていました。近くには「まんだら堂やぐら群」があり、多くのやぐらや石塔が残されています。

見学所要時間 約60分
所在地 神奈川県鎌倉市名越
アクセス 横浜横須賀道路朝比奈I.C.より約12分
近隣のおすすめ施設など まんだら堂やぐら群
その他 まんだら堂やぐら群は一般公開日が決められています。
平成30年4月21日(土)-5月28日(月)(予定)
詳しくは逗子市役所HPをご確認ください。
ページの先頭へ戻る