かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

小動神社こゆるぎじんじゃ

横須賀・三浦地域 寺社・仏閣

風がなくても美しくゆらぐ松があったことから小動(こゆるぎ)という名が付いたといわれるこの神社は、源平の合戦に活躍した佐々木盛綱による創建だと伝えられています。佐々木盛綱が江の島弁財天への参詣の途中でこの神社がある小動山に上りました。そしてその風光と松に感激し、日頃信仰していた近江国八王子宮を勧請したのが始まりだと伝えられてます。新田義貞は鎌倉攻めの際に八王子宮に戦勝を祈願し、成就の後に寄進した太刀と黄金で社殿を再興しました。また、明治の神仏分離政策によって「八王子宮」から「小動神社」へと改められました。

見学所要時間 約15分
所在地 神奈川県鎌倉市腰越2-9-12
アクセス 横浜横須賀道路朝比奈I.C.より約24分
お問合せ 0467-31-4566
拝観料金 志納
おすすめイベント情報 天王祭/7月第一日曜日から第二日曜日まで
※但し神輿が出るのは第一と第二日曜日のみで他の日は安置
近隣のおすすめ施設など 長谷寺
成就院
極楽寺
高徳院
大仏切通
ページの先頭へ戻る