かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

流鏑馬やぶさめ

横須賀・三浦地域 文化・芸術・乗物

武士の精神をいまに伝える流鏑馬。文治3(1187)年8月15日鶴岡八幡宮放生会に際して、源頼朝が奉納した流鏑馬が鎌倉の流鏑馬神事の始まりだと言われています。現在でも本格的な流鏑馬が秋の「鶴岡八幡宮例大祭」や春の「鎌倉まつり」で行われており、鎌倉時代さながらの狩装束に身を包んだ射手が、疾走する馬上から鏑矢を放ち的を射る姿を見ることができます。

営業時間 ■鶴岡八幡宮例大祭/毎年9月16日
■鎌倉まつり/まつりの最終日(第3日曜日)
見学所要時間 約2時間
所在地 ■鶴岡八幡宮 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
アクセス 横浜横須賀道路朝比奈I.C.より約11分
おすすめイベント情報 ■鶴岡八幡宮例大祭
■鎌倉まつり
近隣のおすすめ施設など 明月院
覚園寺
鶴岡八幡宮
浄智寺
東慶寺
円覚寺
その他 ■鶴岡八幡宮例大祭/小笠原流「流鏑馬」
■鎌倉まつり/武田流「流鏑馬」
■有料席もあり
ページの先頭へ戻る