かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

朝夷奈切通あさいなきりどおし

横須賀・三浦地域 名所・旧跡 自然・公園

切通とは、前面に海、三方を山で囲まれた鎌倉と隣接地域を結ぶために、山や丘などを切り開いて通した道のことです。鎌倉の切通のなかでも重要とされた7つの道は鎌倉七口と呼ばれており、朝夷奈切通は最も距離が長く、六浦方面(重要な貿易港があった場所)へ通じる道です。和田義盛の三男・朝夷奈三郎義秀が一晩で切り開いたという伝説からこの名がつきました。所々に古の趣が残されており、国指定史跡にもなっています。

見学所要時間 約40分
所在地 神奈川県鎌倉市十二所
アクセス 横浜横須賀道路朝比奈I.C.より約3分
近隣のおすすめ施設など 瑞泉寺
報国寺
杉本寺
鎌倉宮
覚園寺
荏柄天神社
ページの先頭へ戻る