かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

荏柄天神社えがらてんじんしゃ

横須賀・三浦地域 寺社・仏閣

荏柄天神社は長治元(1104)年、雷雨とともに黒い束帯姿の天神画像が天降り、神験をおそれた人々が社殿を建ててその画像を納め祀った縁起に始まります。治承4(1180)年には鎌倉に幕府を開いた源頼朝公がこの神社を鬼門の守護神と仰ぎ、改めて社殿を造立しました。学問の神様、菅原道真公を祀っており、福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮と共に三古天神と称されています。関東を中心に各地に分社をもち、現在では学問の神、正直者や努力を重ねるものを助ける神として多くの人に参拝され、境内には祈願・お礼の絵馬が数多く並んでいます。

営業時間 8:30-16:30
見学所要時間 約30分
所在地 神奈川県鎌倉市二階堂74
アクセス 横浜横須賀道路朝比奈I.C.より約10分
お問合せ 0467-25-1772
webサイト http://www.tenjinsha.com/
バリアフリー情報 ◆野外通路
段差(2cm以上)/あり
車椅子走行/不可能
通路/舗装済
◆施設内
出入口段差(2cm以上)/あり
出入口手すり/なし
出入口スロープ/なし
通路段差(2cm以上)/あり
通路スロープ/なし
車椅子走行/一部可能
◆トイレ
トイレ/あり
トイレのタイプ/洋式のみ
多目的トイレ/なし
車椅子用トイレ/なし
緊急呼び出し用ボタン/一部のみ設置済
◆サービス
有人の受付/あり
車椅子の貸出/なし
近隣のおすすめ施設など 鎌倉宮
杉本寺
瑞泉寺
覚園寺
鶴岡八幡宮
宝戒寺
ページの先頭へ戻る