かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

ぼんぼり(雪洞)祭ぼんぼりさい

横須賀・三浦地域 文化・芸術・乗物

鎌倉の夏の風物詩ともいわれるお祭りは、鶴岡八幡宮で毎年、立秋前日から源実朝誕生日の8月9日(実朝祭)まで3日間(年によっては4日間)開催されます。鎌倉在住の作家などゆかりの文化人によって描かれた約400点のぼんぼりに火が灯され、境内を幻想的に照らします。また、期間中、立秋の前日には夏の祓いである夏越祭、立秋当日には暦の上での秋の訪れを奉告する立秋祭、そして源実朝公の誕生日である9日には実朝祭が執り行われます。

営業時間 (立秋の前日)夏越祭(立秋)立秋祭(8月9日)実朝祭17:00-20:30頃まで
見学所要時間 約1時間
所在地 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
アクセス 横浜横須賀道路朝比奈I.C.より約11分
お問合せ 0467-22-0315
webサイト http://www.hachimangu.or.jp/
拝観料金 無料/宝物殿拝観:中学生以上200円、小学生100円、未就学児無料※団体割引(25名以上):大人120円、大学生100円、高校生80円、中学生60円、小学生40円、大仏胎内20円【障害者】無料(要障害者手帳)付添1名無料
駐車場・料金 有(有料)大型バス可■普通車(9:00-19:30)1時間まで600円以降30分毎300円:大型バス(9:00-17:00)1時間まで2,000円以降30分毎1,000円(普通車40台/大型車8台)※土日祝日の予約はなし。また神社の祭事等のため予約を承れない日もある。※普通車の方の予約はなし。
おすすめイベント情報 鎌倉まつり(2018_4/8-15)
※2018年以降の実施日はご確認ください。
近隣のおすすめ施設など 鎌倉大仏、鎌倉文学館、鎌倉国宝館
ページの先頭へ戻る