かながわ歴旅-神奈川を知る15の歴史物語

文字サイズ

JR鶴見線じぇいあーるつるみせんのえきほーむ

横浜・川崎地域 文化・芸術・乗物

JR鶴見線は、京浜工業地帯の中を走ります。京浜工業地帯は、近代産業のパイオニアである淺野總一郎が同郷の実業家、安田善次郎の支援を受け着手した「浅野埋立」に端を発します。埋立地内での物資輸送のため、各工場の専用線を取り込んだ鶴見臨海鉄道(現:JR鶴見線)が開通したのは大正15(1926)年。戦前戦後にも各工場で生産された物資を運び、日本の産業発展に貢献しました。浅野駅や安善駅(安田善次郎から)、扇町駅(淺野家の家紋にちなむ)など浅野ゆかりの駅名も残ります。

ボランティアガイド ■鶴見みどころガイドの会
tsurumimg@yahoo.co.jp
近隣のおすすめ施設など 国道駅(JR鶴見線)
工場夜景
キリンビール横浜工場
浅野総一郎の像
ページの先頭へ戻る