GUIDANCE REPORT 2017.0804

かながわ・スタートアップ・ガイダンス第一弾@藤沢
株式会社恋する豚研究所 飯田大輔さん
【イベントレポート】 これからの未来を担うビジネスとは?| スタートアップ・ガイダンス第一弾@藤沢


Kanagawa Startup Guidanceは、神奈川県の経済を支えるような質の高いベンチャー企業を数多く創出することを目指して、起業準備者やスタートアップ受けのイベント、プログラム、情報発信を行い、神奈川県におけるスタートアップコミュニティの形成を目指す、Kanagawa Startup Hubの一環として、起業準備中の方、将来的に起業を考えている方向けのイベントです。

1

先日7月29日土曜日に行われた“かながわ・スタートアップ・ガイダンス”第一弾のレポートをご紹介致します。トップバッッターの起業家として登壇いただいたのは、株式会社恋する豚研究所代表取締役の飯田大輔さん。千葉県香取で代々畜産農家として養豚業を実践されて来た飯田さん。今では神奈川県内のスーパーでも手に取ることが出来るほどのブランド豚として、多くの方々に知られる商品を手がけられています。

事業継承に近い形で経営に関わり、畜産の事業と合わせて、障害のある方が働く福祉作業所の運営を行う社会福祉法人福祉楽団の理事、株式会社恋する豚研究所の両方をバランスよく経営をされています。ミッションとして 『ケアを考え、暮らしを良くし、福祉を変える』を掲げ、これまでの福祉の概念に捉われず、新しい価値観を持ちながら、事業づくり&商品づくりを丁寧に実践されています。そんな飯田さんに、【これからの未来を担うビジネスについて】、様々な視点でお話いただきました。

1

ガイダンスの冒頭は有限責任監査法人トーマツ村田より、Kanagawa Startup Hubのプログラムの主旨と、起業家支援のプログラムとして2つ実施するKanagawa Startup Acceleration Program(伴走型支援)とKanagawa Startup Camp(スクール型支援)の取り組みについて、参加者の方々にご案内。熱意のある起業家の参加を呼びかける。

こだわりが価値を生む。

飯田さんから養豚業のビジネスで取り組まれているこだわりについて、そして福祉を軸にしたさまざまな取り組みについて参加者のみなさんにたっぷりとお話いただきました。

1

後半は、これからの時代でビジネスを創業する際の考え方についてのトーク。「新しい価値観はこれまでの既成概念を越えることが大事になってくる、社会の変化が激しい時代であり、高齢化や人口減少が進む社会で、1つのアイデアや概念に縛られすぎない事が大切になってくる。」と飯田さん。

1




後半は創発ワークショップ。 今社会が求めていること

ガイダンスの後半は会場に集まった参加者のみなさんと、飯田さんの事業ストーリーを聞いた直後の感想を交えつつ、今社会に求められているビジネスについて、起業家として大切なスタンスなどグループに別れてディスカッションを行いました。

1

ワークショップの司会はカモス会議など、都内や横浜などで対話の場をプロデュースしているを鈴木高祥さんが担当。飯田さんのお話から得た気づきを活かしながら、参加者の皆さんが近い将来起業するタイミングで何を大事にしたらいいのかを考えるワークショップに。

ディスカッションを通じて、それぞれのビジネスアイデアについての第三者の目でみるきっかけや、ヒントを見つけられたという方も。今後実施するガイダンスでも、毎回テーマを変えて、さまざまな視点で起業やビジネスアイデアについて考える場になるとのこと。ぜひ海老名会場、横須賀会場、小田原会場でのガイダンスもお楽しみに!


次回ガイダンスは8/19(Sat)海老名で開催!!

次回ガイダンスは8/19

ガイダンスのエントリーはこちらから