GUIDANCE REPORT 2018.0201

かながわ・スタートアップ・ガイダンス 第六弾@川崎
お笑いコンビ・カラテカ 入江 慎也 さん
Onedrops株式会社 村重 亮 さん
【イベントレポート】 経営者のための人脈づくり


Kanagawa Startup Guidanceは、神奈川県の経済を支えるような質の高いベンチャー企業を数多く創出することを目指して、起業準備者やスタートアップ受けのイベント、プログラム、情報発信を行い、神奈川県におけるスタートアップコミュニティの形成を目指す、Kanagawa Startup Hubの一環として、起業準備中の方、将来的に起業を考えている方向けのイベントです。

1

いよいよ最終回となる、スタートアップガイダンス。6回目の会場は川崎にて開催。これまで数多くの起業予定者、希望者たちが集った本イベント。今回は経営者のための人脈づくりをテーマにお二人の経営者の登場いただきました。一人は海外のプロジェクトを数多く手がけるOnedrops株式会社 Founder & CEOの村重亮さん。そして、もうお一方はTVでも活躍されている、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ・カラテカ入江慎也さん。雪の予報も出ている中、数多くのみなさんが会場に集い、熱気ある空間となりました。

アクションすること、その先に次のステージがある

はじめにOnedrops株式会社の村重亮さんから。現在は様々な事業のコンサルティングや、英会話スクールを経営している。防衛大学から陸上自衛隊へ進み、それから一転、ビジネスの世界へ飛び出した村重さん。しかも、いきなり海外へ渡り、英語も短期間で習得するという冒険家スタイル。その後北欧のグローバル企業で活躍しながら、まさに目の前の仕事を1つ1つ結果を出すことで成長をしてきた経験をもつ。何も経験もなく、後ろ盾がない状態で、どのようなマインドで自らを成長させて来たのか?「とにかく目の前の人が期待することの中で、僕が出来ることを見出して1つ1つ結果を出していく。ということをやってました。最初は英語もわからない状態だったので、言われたことさえできないことも多々ある中で、上司が求めていることを1つ1つ自分で考えて、提案をしてましたね。」 最初は失敗もありましたが、小さい信頼を1つ1つ積み重ねながら、少しずつ大きな仕事を任せてもらえるようになったそう。現在は、世界中のプロジ ェクトを、多様な人材ネットワークの中で取り組んでいるそう。人脈づくりのコツは、本当にチャレンジしたいことを理解してあげて、その人の想いを活かしたプロジェクトマネジメントが大事と語る村重さん。

2

やっぱり、大事なのは笑顔ですよ、結局!

二人目のゲストはよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ・カラテカ入江慎也さん。さすが芸人!!という、勢いあるトークで一気に会場の空気を掴み、徐々にみなさんの心を掴んでいく絶妙なトークを披露いただきました。
これまで数多くの経営者との出会いから、今まで培って来た人脈づくりのコツを活かして、事業をスタートさせた入江さん。ご自身が経験して来た体験談を元に、こんな人は先輩から可愛がられるはず、と紹介していただいたのが「WBC」の3つのキーワード。W=笑い:笑顔。B=びっくり:驚く。C=チェック。吉本では常に先輩が後輩にご飯を奢るというルールがあり、たとえ1日でも芸人生活が長ければ、どんなに年上でも食事を奢るとのこと。で、入江さんも後輩芸人とよく食事にいくのだそうです。その時、せっかく食事を奢るのであれば、一緒にいて楽しい人と時間を過ごしたいなと考えるのは、人間なら誰しもそう思うはず。結果として、食事に誘う後輩として選んでいるのは、よく笑う後輩になっているとのこと。渋い顔している人と人は一緒に居たくないし、ましてや仕事となればなおさら、笑顔の人と仕事をするのではないか?と語る入江さん。同様に、しっかり驚いたり、人の話にわかりやすいリアクションする人、そして、言われた事に対して、メモしたり、すぐ調べて情報を確認する人も、やはり仕事をしたい人として選ばれるはずと、これまでの経験を合わせてたっぷりとトークいただきました。

3


最後のガイダンスも大いに盛り上がり、笑顔満載のトークイベントとなりました。これからこの神奈川で起業・創業にチャレンジするみなさんには、仮に大変なことが起こっても常に笑顔で、周りの方々と一緒に支え合って成長していける起業家を目指し、最初の一歩を踏み出していただけたらと思います。