me-byo valley “BIOTOPIA”旧「未病いやしの里センター」
メインコンテンツへスキップ

「未病の戦略的エリア」を

アピールするための拠点づくりへ。

敷地面積 約 60 万平方メートル。
足柄上郡大井町に 2020 年までの開設をめざしています。
「未病」についての情報発信や、地域活性化につながる
「にぎわい」の創出に向けて、拠点づくりを進めます。

設置場所:足柄上郡大井町山田300番地

(現・ブルックスホールディングス大井事業所)

現在、(株)ブルックスホールディングス、大井町、県が連携し、
実現に向けた具体的な計画づくりを進めています。
※従前「未病いやしの里センター(仮称)」として事業を進めて
いましたが、『未病バレー「ビオトピア」(me-byo valley “BIOTOPIA”)』 に名称が決定しました。

これまでの取り組み

2017年6月に「未病いやしの里センター(仮称)」の名称が決定しました。
県は2016年7月に「未病いやしの里センター(仮称)」に関する協定を締結しました。
県は2015年8月に「未病いやしの里センター(仮称)」の最優秀提案を採択しました。

未病バレー「BIOTOPIA」紹介ページ

未病バレー「BIOTOPIA」の詳しい内容は、次のホームページをご覧ください。

このページに関するお問合せ

県西地域活性化グループ

電話:045-210-3275

このページの所管所属は 政策局 自治振興部 地域政策課 です。

このページに関するお問合せ