メインコンテンツへスキップ
Report.38 Odawara

海から山まで堪能!
自然豊かな小田原でバードゴルフと
史跡巡り。

小田原市

ODAWARA

海に! 山に! 小田原市はどちらも楽しめる絶好のお出かけエリアです。

今回は自然豊かな「小田原市いこいの森」と、戦国時代の史跡「石垣山一夜城」を巡ります。
また、新しい小田原の観光発信スポット「漁港の駅TOTOCO小田原」もご紹介いたします。

小田原市の位置

最初に訪れたのは「小田原市いこいの森」です。


小田原駅からバスで約20分。街中からほど近い所に広がる緑豊かな森林の中に位置します。約20ヘクタールの敷地には、キャンプ場をはじめ、自然観察路、バードゴルフ場、木工芸体験室などの自然体験施設があります。
今回はバードゴルフを楽しむために訪れました。

バードゴルフは、「きつつき管理棟」で受付をしています。

手続きを済ませ、羽つきボール、ショットマット、ゴルフクラブ、ホール毎のスコア表を受け取りました。バードゴルフ初体験なので簡単に用具の使い方の説明を受け、いざバードゴルフ場へ!

バードゴルフ場は、「きつつき管理棟」の近くにあります。

バードゴルフとは、羽つきボールをゴルフクラブで打ち、傘を逆さまに立てたネットに入れるまでの打数を競うミニゴルフです。こちらのバードゴルフ場は全18ホール(パー72)です。

第1ホールは平地の芝生からスタートです。
(本来のバードゴルフはゴルフ同様、2人以上で行いますが、今回は特別に1人でのプレイとなっています)

私はバードゴルフ未経験のため、使い方を説明してくださった管理人さんの言葉を思い出しながら羽つきボールを置きます。
ドキドキの初ショットは……空振りました。
バドミントンと野球の経験はありますが、止まっているボールを打つということが出来ませんでした! 飛んでくるボールは打てるのに!!
びっくりするほど当たりません。進みません! 打数ばかりがかさみます。
挫けそうになる心を沈め、大振りはやめて小振りにし、とにかく当てることをモットーに打つと…
飛んだー!!!!

喜びもひとしおです。打てるとこんなにうれしいものかと1人喜びました。

ゴールの傘の下にある円状の中へ羽つきボールを沈め、第1ホールが無事終了しました。

ネットが傘のようになっている部分を「アドバンテージホール」、傘の下にある円状の部分を「セカンドホール」といい、どちらに入れてもOK。ただし「セカンドホール」に入れると打点が1つ加算されるようです。

第2ホールからは林の中へ!

森林の中に溶け込んでいるコースでは、木漏れ日を感じながら森林浴も楽しめて癒やされます。上手にできないことが気にならないくらい癒してくれる最高のコースです。

森の中に作られたコースは「いこいの森」のバードゴルフならではですね。

ネットの中へボールを入れたい…ただそれだけを目標に始まる第2ホール。 林の中では大振りはかえって不利になりそうです…大振りで当てられない私はコツコツ小振りで進みます。

林の中では木漏れ日効果からか第1ホールでの失敗を自然が優しく包み込んでくれます。

そして、打点をかさねつつ掬い上げるコツを習得し
トライ!

ついにネットに入りましたー!!

 

本来のゲームの運びと全然違うー!

でもいいんです。

楽しめたらいいんです。たぶん!

ホールの先には次のコースが続き、どんどん高低差のある林に入っていきます。
途中で曲がっているコース、とても長いコース、途中に段差があるコースなど、バードゴルフならではのコースばかりです。

18ホールすべてを歩くだけでもいい運動になります!
初心者でもとっても楽しめました。

続いては一気に海側へ。「小田原駅」まで戻り、お隣「早川駅」から徒歩で約40分。小高い山の上に「石垣山一夜城歴史公園」はあります。

「石垣山一夜城」は小田原北条氏を攻め落とすため
関白・豊臣秀吉によって築城された陣城跡です。
関東で最初に造られた総石垣の城といわれています。

秀吉が築城にあたり、山頂の林の中で骨組みを造り、白紙を張って白壁のように見せかけ、城を隠していた樹木を切りその姿を見せ、あたかも一夜にして築城したように思わせ、小田原城の将兵が驚き士気を失わせたと言うのが、この城が「石垣山一夜城」と呼ばれる所以です。

土塁と石垣で固められた一夜城は総面積約5.8ヘクタールです。陣用に作られた城としては立派な作りです。山の上に秘密裏に建設したとは思えない規模です。

入り口から二の丸へ、そこから石垣をさらに登った1番高い場所が本丸跡です。

本丸の他に、天守台跡、南曲輪、井戸曲輪などの石垣を含む遺構が残っており、長期戦に備えた本格的な城であることがよくわかります。

野面積 (のづらづ) みならではのダイナミックな石垣に圧倒されます。

整頓された美しい石垣のと違い、戦国時代にタイムスリップしたような、壮観で荒々しい息吹を感じさせる史跡でした。

最後は小田原の新名所 「漁港の駅 TOTOCO小田原」さんです。

JR早川駅から徒歩で約10分。「小田原漁港」から直送される新鮮な海の幸を存分に楽しむことができます!
「小田原漁港」の鮮魚や活魚、水産加工品など豊富に取り揃えています。

相模湾に面したテラス席で楽しめる海鮮丼!
お魚好きにはたまりませんね。

 

海と山の自然に恵まれ、歴史ある町小田原市。丸一日いても足りないです。散歩にレジャーに歴史探索に。あなた好みの散策してみてはいかがでしょうか?