かながわなでしこ farmers

女性農業体験研修レポート(10月6日、13日、20日 実施)

写真
参加者
農業は未経験で知識や技術はないが農業に関心がある、将来は神奈川県内で就農することを検討している女性 15 名
概要
神奈川県の農業概要や就農事例の紹介、農作業実習(野菜)、農業機械実習など

3日間の日程で農業体験研修を実施

10月6日、13日、20日と3週続けて土曜日に行われた今回の企画は「女性農業体験研修」。農業に関する様々な〝手ほどき〟を行っている、神奈川県立かながわ農業アカデミーのスタッフが研修の講師を担当。神奈川県の農業について概要をレクチャーしたり、実際に農業に就いた人の事例を紹介したりと座学的な内容も盛り込まれ、参加した皆さんは真剣な表情で話に聞き入っていました。

研修のメインは「農作業実習」

3日間の日程中、そのすべてに「農作業実習」組み込まれ、参加者は農業の〝リアル〟を肌で感じていた様子。2日目のプログラム(午前)では、プロさながらの作業着や長靴、手袋を身に付けた参加者が、県内で実際に農業を営む大先輩の指導の下で「枝豆」の収穫作業にチャレンジ。「将来的に生業にしたい」と目論む参加者の本気度は高く、いわゆる観光農園の果物狩り体験などとは全く異なる真剣な雰囲気が枝豆畑を包み込んでいました。

研修のメインは「農作業実習」の様子 研修のメインは「農作業実習」の様子

主催者側もプロ仕様で

参加者たちの意気込みに応えるべく、作業当日もし雨が降っても雨合羽を着用して収穫を実施するプログラム内容を構築するなど、より実践的な研修を実践。収穫作業を終えた後も、土壌を保護していたビニールシートの撤収方法や、次の収穫に備え種まき作業に移りやすいような地ならし作業などについてもしっかりとレクチャーしていました。こうした、表面的な作業体験ではなかなか知りえない様々な苦労を感じた参加者からは「(ビニールシ ートの)撤収作業が一番の重労働なのだと初めて知りました」等といった感想の声が聞かれるなど、プロ仕様の研修内容で農業の本質の一端に触れていた様子でした。

主催者側もプロ仕様で の写真 主催者側もプロ仕様で の写真

仕分け、袋詰め作業も

また農業を「仕事」として捉えてもらうため、収穫した野菜を大きさや出来栄えごとに選定し、商品として販売するために必要となる「袋・ネット詰め作業」の指導も実施。講師からは「収穫したものをそのまま食べてしまうのであれば、それは家庭菜園の延長。農業としては〝売る〟という点を意識し、商品としてどうしていくかが大切」といった主旨の説明があり、参加者たちは大きく頷いていました。

仕分け、袋詰め作業も の写真 仕分け、袋詰め作業も の写真

農業機械の操作にも挑戦

さらに、神奈川農業アカデミー敷地の一角にある教習コースに場所を移し、農業機械(耕運機)の操作にも挑戦。近年では安全性が高まったとはいえ、過去には誤った運転方法で機械が暴走し、死亡事故も発生したことがあるという危険性などを知った参加者は、一つひとつの正しい操作をしっかりと学んでいた様子。エンジンを起動するためにセルモーターを動かすワイヤーを引っ張る操作は、女性には少々大変そうで「もっと簡単にできるかと思って舐めてました」と、思わず苦笑する一幕も。こうしたレアな体験も、農業(就農)を深く感じる上で重要なファクターとしていたようでした。

農業機械の操作にも挑戦 の写真 農業機械の操作にも挑戦 の写真

就農の魅力、多くの県民に

今回の研修を終えた参加者からは「先生方も楽しい方ばかりで、初心者でびくびくしながら来たので、安心して学ぶことができた」「農業に関心のある人が集まっていたので、悩みとか考えを知るきっかけになったのがよい経験となった」などといった声が聞かれ、各自が有意義な3日間を過ごしていた様子。また「収穫調製や農業機械など普段体験できない貴重な経験ができた」「以前農業関係の仕事に就いていたが、農業の楽しさを改めて感じ、従事する意欲につなげることができた」「研修を受けて、どのような準備をしたらいいかが具体的にわかったので、ひとつずつ進めていこうと思う」といった感想からは、仕事としての農業について具体的なイメージを掴むのにも役立てていました。さらに「農業に関心のある人にとっていい機会。続けてほしい」といった意欲的な要望などもありました。

体験セミナートップへ戻る