排出状況報告書 (共和クリティケア株式会社)

事業者の名称等

届出者住所 神奈川県厚木市旭町4-18-29
届出者氏名 共和クリティケア株式会社  代表取締役社長 角田 礼昭
主たる業種 製造業  |  中分類;化学工業
特定大規模事業者の区分年度あたりの原油換算エネルギー使用量が1,500kl以上の事業者
連鎖化事業者のうち、年度あたりの原油換算エネルギー使用量が1,500kl以上の事業者
対象自動車を100台以上使用する事業者

このページの先頭へもどる

計画期間等

平成 27 年度〜平成 31 年度
報告対象年度 平成 28 年度

このページの先頭へもどる

エネルギー起源二酸化炭素の排出の削減の目標等
《年度あたりの原油換算エネルギー使用量が1,500kl以上の事業者》

基準年度平成 26 年度

排出量の状況

基準排出量の合計量平成 28 年度の排出量の合計量最終年度の排出量の合計量
実排出係数ベース 3,370 tCO2 4,350 tCO2 3,201 tCO2
調整後排出係数ベース 3,330 tCO2 4,310 tCO2 3,103 tCO2

排出量原単位の状況

基準年度の排出量原単位平成 28 年度の排出量原単位最終年度の排出量原単位
実排出係数ベース 1.057 tCO2/百万円 1.043 tCO2/百万円 1.004 tCO2/百万円
調整後排出係数ベース 1.044 tCO2/百万円 1.033 tCO2/百万円 0.992 tCO2/百万円
原単位の指標の種類 工場の総出品金額

排出の状況に関する説明

設備機器の改善として、省エネ型空調設備の導入、配管経路の見直しによって不要配管や重複配管の撤去による熱損失の軽減、更に圧力損出の削減などの改善に取り込んできたが、平成28年の二酸化炭素排出量は基準年度(H26年度)より29.1%(980tCO2)増加してしまった。その理由として、削減努力したが生産量が増加したためエネルギー使用量が増えたのが原因と思われる。
また、二酸化炭素排出量は生産量の増加に伴い増えたが、原単位は改善された。
今後、コンプレッサー室の換気ファンの設置による吸気温度の低減とバイパス配管の増設及びループ配管の新設による圧力損失の削減、電動機の高効率機種への更新に取り組んでいく。この間、省エネ活動として推進してきた節電対策の他、エネルギー効率の高い機器の導入による使用電力の削減を徹底する。
一方省エネに関する社内教育や啓蒙活動の充実を図り、全社的な活動としていく。                                                                                               

このページの先頭へもどる