排出状況報告書 (小田原市)

事業者の名称等

届出者住所 神奈川県小田原市荻窪300
届出者氏名 小田原市  小田原市長 加藤 憲一
主たる業種 公務(他に分類されるものを除く)  |  中分類;地方公務
特定大規模事業者の区分年度あたりの原油換算エネルギー使用量が1,500kl以上の事業者
連鎖化事業者のうち、年度あたりの原油換算エネルギー使用量が1,500kl以上の事業者
対象自動車を100台以上使用する事業者 (使用台数 県内333台、うち適用除外区域外333台)

このページの先頭へもどる

計画期間等

平成 27 年度〜平成 31 年度
報告対象年度 平成 28 年度

このページの先頭へもどる

エネルギー起源二酸化炭素の排出の削減の目標等
《年度あたりの原油換算エネルギー使用量が1,500kl以上の事業者》

基準年度平成 26 年度

排出量の状況

基準排出量の合計量平成 28 年度の排出量の合計量最終年度の排出量の合計量
実排出係数ベース 27,100 tCO2 26,600 tCO2 25,745 tCO2
調整後排出係数ベース 26,800 tCO2 26,200 tCO2 25,460 tCO2

排出量原単位の状況

基準年度の排出量原単位平成 28 年度の排出量原単位最終年度の排出量原単位
実排出係数ベース 91 tCO2/千u 90 tCO2/千u 86 tCO2/千u
調整後排出係数ベース 90 tCO2/千u 89 tCO2/千u 86 tCO2/千u
原単位の指標の種類 建築延床面積

排出の状況に関する説明

〇照明器具の間引きや市有施設小田原城照明のLED化などを順次実施し、市立病院の冷凍機を更新するなど電機使用量の削減に努めたが、エネルギー使用量は前年度比で2.1%増え、二酸化炭素排出量も1.1%増えた。
〇老朽施設存続の是非を検討継続中のため空調設備の更新ができず非効率なケースがある。
〇排出量原単位はほぼ前年度並みで推移した。

このページの先頭へもどる

エネルギー起源二酸化炭素の排出の削減の目標等
《対象自動車を100台以上使用する事業者》

基準年度平成 26 年度

排出量の状況

基準排出量の合計量平成 28 年度の排出量の合計量最終年度の排出量の合計量
582 tCO2 557 tCO2 553 tCO2

排出量原単位の状況

基準年度の排出量原単位平成 28 年度の排出量原単位最終年度の排出量原単位
0.36 tCO2/千km 0.44 tCO2/千km 0.34 tCO2/千km
原単位の指標の種類 走行距離

排出の状況に関する説明

〇走行距離は前年度比2.5%増えたが、二酸化炭素排出量は12.3%減った。これは毎月ノーカーデーを設定し、使用できる公用車の台数を減らすとともに、アイドリンクストップ機能のある車両を導入した結果と判断される。
〇上記を受けて排出量原単位も15.4%改善できた。

対象自動車の使用状況

総数うち 電気自動車うち 天然ガス自動車うち ハイブリッド自動車うち ディーゼル代替LPガス自動車
使用台数 333 台 1 台 10 台 0 台 0 台
割合 0.30 % 3.00 % 0.00 % 0.00 %

このページの先頭へもどる