排出状況報告書 (テルモ株式会社)

事業者の名称等

届出者住所 東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目44番1号
届出者氏名 テルモ株式会社  代表取締役社長 佐藤 慎次郎
主たる業種 学術研究,専門・技術サービス業  |  中分類;学術・開発研究機関
特定大規模事業者の区分年度あたりの原油換算エネルギー使用量が1,500kl以上の事業者
連鎖化事業者のうち、年度あたりの原油換算エネルギー使用量が1,500kl以上の事業者
対象自動車を100台以上使用する事業者

このページの先頭へもどる

計画期間等

平成 27 年度〜平成 31 年度
報告対象年度 平成 28 年度

このページの先頭へもどる

エネルギー起源二酸化炭素の排出の削減の目標等
《年度あたりの原油換算エネルギー使用量が1,500kl以上の事業者》

基準年度平成 26 年度

排出量の状況

基準排出量の合計量平成 28 年度の排出量の合計量最終年度の排出量の合計量
実排出係数ベース 8,690 tCO2 8,720 tCO2 8,430 tCO2
調整後排出係数ベース 8,590 tCO2 8,610 tCO2 8,330 tCO2

排出量原単位の状況

基準年度の排出量原単位平成 28 年度の排出量原単位最終年度の排出量原単位
実排出係数ベース 0.1230 tCO2/時間×千u 0.1205 tCO2/時間×千u 0.1193 tCO2/時間×千u
調整後排出係数ベース 0.1216 tCO2/時間×千u 0.1190 tCO2/時間×千u 0.1179 tCO2/時間×千u
原単位の指標の種類 空調機の運転時間×空調面積

排出の状況に関する説明

研究開発センターの空調機の運転時間が基準年より増加したが、二酸化炭素排出量の増加は抑えられ、排出量原単位は減少した。

原単位分母の空調機の運転時間×空調面積は
 基準年    70668
 平成28年度 72360
基準年度に比べて原単位分母が2.4%増。

○平成28年度に実施した省エネ対策
 照明器具をLED器具に交換(756台)。
 省エネ機器の全熱交換器の整備を実施。
 空調機自動制御更新工事を実施し、より効率的に温度湿度制御を行った。

○今後の予定
 炉筒煙管ボイラーを貫流ボイラーに更新
 照明器具を順次LED器具に交換

このページの先頭へもどる