恋カナ!SNS
  • youtube
ここから本文です。

恋カナ!データBOOK

    「mirai book」(神奈川県人権男女共同参画課作成)より
  1. 交際相手との出会いのきっかけは?(交際経験がある人)
    恋愛観調査(2014年) 交際相手とどのようにして出会ったかを調査したグラフです。「同じ会社や職場」(25.3%)や「同じ学校やクラス」(18.4%)など、1日の大半を過ごす環境の中で出会った人と交際するケースが多いようです。
     また、「SNS」(5%)や「SNS以外のインターネット」(4.7%)のように、インターネットを通して交際する人が全体の約10人に1人いることがわかります。
  2. 初婚平均結婚年齢は?
    初婚年齢推移 このグラフを見ると、女性も男性も初婚年齢が年々高くなっていることがわかります。1970年は女性の初婚年齢が約24歳、男性が約27歳であったのに対して、2017年では女性29.4歳、男性31.1歳まで高くなっています。このような現象を晩婚化といいます。

ちょっと先の未来も考えてみよう...

  1. みんなが考える家庭の役割とは?
    「mirai book」(神奈川県人権男女共同参画課作成)より この表を見ると、「家族の団らん」、「やすらぎ」、「家庭の絆を強める」といったことが上位にきていることがわかります。つまり、家庭は家の人との触れ合いを大切にして、心を落ち着ける場所にしたいと思っている人が多いということです。また、子どもを生み、成長を見守る場所としても大切と考えられているようです。
  2. 希望するこどもの人数は?
    第15回出生動向基本調査(2015年) この表は、理想的な子どもの数と今実際にいる現存子ども数、実際持つつもりの予定子ども数を夫婦に尋ねて比べたものです。予定子ども数が理想子ども数を下回る理由としてもっとも多いのは、「子育てや教育にお金がかかりすぎる」であることが同じ調査からわかっています。