Loading…

Now Loading...

かながわで恋する×かながわに恋する 恋カナ!プロジェクト

恋カナ!インタビュー

かながわで恋して結婚されたおふたりを、恋カナ!サイト編集部がインタビュー。
婚活のポイントやライフキャリアを考える上でのヒントが見つかるかも。
「ステキな出会いがほしい…」「そろそろ、将来のこと、ちゃんと考えようかな…」と思っている方、必見です!

恋カナ!インタビュー「出会いの広場」(愛川町)で出合った長谷川夫妻のストーリーオブライフ

≪第1部≫

興味があった工場見学イベントへ気軽に参加

編集部:おふたりがそれぞれ、愛川町の出会いのイベント「愛川婚活バスツアー(第11回出逢いの広場)」に参加を決めた経緯を教えてください。

長谷川(夫):私は、仕事上でおつきあいのあるお客様が声をかけてくださったので、イベントへ参加しました。その方は、母のようなあたたかい気遣いをされる方で、私の結婚についても、いつも気にかけてくださっていました。私は、当初結婚については消極的で、自分から進んで参加しようという気持ちはありませんでしたが、大変熱いお誘いをいただき、参加が決まりました。(笑)

長谷川(妻):私は、当時厚木市に住んでいました。妹からバスツアーのことを聞き、一緒に参加しました。そのバスツアーのプランには工場見学が入っていましたが、以前から興味があった工場見学で、予約をしようとしてもなかなか取れないくらいの人気があったので、それに参加できるとてもいい機会だと思いました。どちらかというと、その工場見学が主な目的でした。(笑)1台のバスに男女各20名位ずつが乗って、ツアーが行われました。

マッチングの時にお互いに約束

編集部:ツアーはいかがでしたか?

長谷川(夫):私は都合によりバスツアーには参加できず、パーティーの部分から参加しました。最初、彼女は違うテーブルに案内されたのですが、私は、彼女の妹さんと同じテーブルだったので、彼女とも話す機会がありました。他のテーブルにも回って色々お話ししてみましたが、その中で、彼女はとても明るく気さくな印象で、彼女のいるテーブルが盛り上がり、輝いているように見えました。そして、会食の最後には話がはずんで、最後のマッチングの前に、彼女が「(私の)番号を書いてもいいですか?」とまで言ってくれたんです。私も、彼女の番号を書くことを約束しました。

長谷川(妻):彼はパーティーの部分から参加された人だったのですが、ぱっと見た印象が良くて、服装のセンスや全体の雰囲気などが私の好みの人だなと思いました。第一印象も良かったし、お話ししてみてもとても楽しかったので、もっと話す機会ができればと思って、彼の番号を書きました。

編集部:妹さんと一緒に参加したので、リラックスして自然な自分をだせて良かったのかもしれませんね。では、そこでマッチングしてカップルの誕生!となったのですね。

長谷川(夫):ええと、実はすんなりカップル成立、とはいかなかったのです。マッチングの場面で、順々にカップルが発表され、9組ものカップルが成立したのですが、結局私と彼女は発表されませんでした。彼女と口約束をしたものの、とても魅力的な彼女は、実は私のことなど気にかけていなかったのかも!と一瞬疑いました。でも念のためと思い、スタッフさんにアピールしたら、私たちが見落とされていたことがわかり、最後の最後に発表されました。なんだか、余計に目立ってしまい照れました。(笑)

隠さずに誠実に伝えた過去

編集部:彼女を信じてよかったですね(笑)イベント後のおふたりのお付き合いについてもお聞かせいただけますか?

長谷川(妻):イベントの後は、二次会に行って、さらにお話しをしました。私は趣味が多い方だと思うのですが、彼とは結構趣味が合うなと感じました。ですから、もっと話していたいなと思い、彼が連絡先を聞いてくれたので、私もお知らせしました。

長谷川(夫):翌日から、さっそくLINEのやりとりが始まりました。私は、絵文字を使ったりしてマメな方なのですが、彼女は意外に淡白で、短い文章に絵文字なしでした。当初これには、やっぱり脈がないのかとひやりとしましたが、その後、そうではないとわかり安心しました。(笑)

編集部:ではさっそくお付き合いもスタートして、ひんぱんなメッセージのやりとりで、お互いについて知ることができたのですね。ふたりでデートもされたのですか?

長谷川(夫):はい。まずは映画へ行き、それから、彼女が好きなテーマパークに行きました。そのデートが決まるまでは、夜中まで寝るのも忘れるほどLINEをやりとりしており、会えるのを楽しみにしていました。

長谷川(妻):私も、大好きなテーマパークに行けるのがとても楽しみでした。それと同時に、アトラクションに乗る待ち時間が長くあるので、その時にお互いが楽しめなかったら、あまり合ってないのかもしれないな、なんて考えていました。

長谷川(夫):私は、映画に行った時のやりとりを通して、すでに彼女と真剣な交際ができたらいいな、という気持ちがすでに固まっていました。私は35歳になりますが、過去に結婚経験があったので、このことを彼女に隠さず伝え、どう受け取ってくれるかで、ふたりの今後があるかどうかが決まる、と考えていました。過去にあったことを話さなければいけないのは、ネガティブな自分を知らせることでもあり、それが婚活に消極的だった理由でもあります。映画の後に、思い切って彼女に打ち明け、この先の段階に一緒に進んでくれるかどうかを尋ねたところ、彼女はOKの返事をしてくれました。

編集部:長谷川さん(夫)は、たいへん誠実で勇気をもったすばらしい方ですね。彼の話をきいて、どうでしたか?

長谷川(妻):正直に話してくれたので、うれしかったです。映画を見に行き一緒の時間をすごして、とても楽しかったし、早い段階で打ち明けてくれたので、マイナスなこととも思いませんでした。テーマパークで交際を申し込まれ、私もこれからもお付き合いしたいと思い、はいとお返事しました。

≪第2部へつづく≫

神奈川県県民局次世代育成部青少年課
〒231-8588 横浜市中区日本大通1
電話:045-210-3840 / FAX:045-210-8841
© 2015 Kanagawa Prefectural Government.