恋カナ!SNS
  • youtube
ここから本文です。

ライフ&キャリアを考えるポイント

「20代で考えよう!キャリア&ライフ」(神奈川県労政福祉課作成)より

1 ワークとライフを同時に考えよう!

充実した人生を送るためには、仕事(ワーク)だけではなく、生活(ライフ)も同時に考え、充実させていく必要があります。意欲を持って働きながら、豊かさを実感して生活している状態を「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」が取れている状態といいます。
責任のある仕事を任されるようになる頃に子どもができて、ワークもライフも同時に忙しくなるかもしれません。一時的には、ワーク中心になる時期があったり、逆にライフ中心になる時期があっても、生涯を通じてワークとライフのバランスを取ることが「ワーク・ライフ・バランス」であり、その時々の自分自身にとっての最適なワーク・ライフ・バランスを考えることが大切です。

2 キャリアをデザインするということ

あなたは、これからどのようにキャリアを築いていきたいですか?本来キャリアとは「人生における経験全般」を意味するもので、キャリアを考える時には、仕事と生活の両方の観点から人生設計を考えていくこと、「キャリアデザイン」が重要です。
まず「どのように働いていきたいか」を考えましょう。具体的には「仕事を通じて、何をしたいか、どうなりたいか」といったワークの将来像を描きます。それに照らし合わせて、どんな生活を送りたいのか、ライフをデザインします。「いつ頃結婚したいのか、いつ頃子どもがほしいのか、住居はどうするか」等をイメージしてみましょう。

ワーク面のポイント
  • どんな仕事をしてみたいですか?(得意分野、興味のあること、専門性など)
  • どのように働きたいですか?(正社員、非正規社員、結婚後、子どもが産まれた後など)
  • いつ頃、どうなっていたいですか?(20代、30代、40代...)
ライフ面のポイント
  • 結婚、子どもを持つこと、住居について
  • 趣味や地域活動など
  • 健康や体力づくり

自分だけのライフプランシートを作ってみよう!

神奈川県健康増進課が作成したウェブサイト「丘の上のお医者さん」に掲載されているライフプランシミュレータより、自分だけのライフプランシートを作成することができます。
ライフプランシミュレータは、いくつかの質問に答えることにより、ライフプランが自動的に作成されるもので、自分自身でカスタムすることができます。
妊娠・出産の知識を深めたり、育児と介護を同時に行う「ダブルケア」などについても考えてみませんか。

ライフプランシュミレータはこちら

結婚に関するデータ

(神奈川県人権男女共同参画課作成)より
  1. 交際相手との出会いのきっかけは?
    交際相手とどのようにして出会ったかを調査したグラフです。「同じ会社や職場」(25.3%)や「同じ学校やクラス」(18.4%)など、1日の大半を過ごす環境の中で出会った人と交際するケースが多いようです。
     また、「SNS」(5%)や「SNS以外のインターネット」(4.7%)のように、インターネットを通して交際する人が全体の約10人に1人いることがわかります。
  2. 初婚平均結婚年齢は?
    このグラフを見ると、女性も男性も初婚年齢が年々高くなっていることがわかります。1950年は女性の初婚年齢が約23歳、男性が約26歳であったのに対して、2014年では女性29.4歳、男性31.1歳まで高くなっています。このような現象を晩婚化といいます。
  3. みんなが考える家庭の役割とは?
    この表を見ると、「家族の団らん」、「やすらぎ」、「家庭の絆を強める」といったことが上位にきていることがわかります。つまり、家庭は家の人との触れ合いを大切にして、心を落ち着ける場所にしたいと思っている人が多いということです。また、子どもを産み、成長を見守る場所としても大切と考えられているようです。