ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

振り込め詐欺

  • PDFで表示する
  • 印刷する
  • 掲載日:2013年3月29日
振り込め詐欺とは、「オレオレ詐欺」「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」「還付金詐欺」等の総称です。いずれも巧みな話術で騙して、多額の現金を銀行口座に振り込ませたり、仲介人やバイク便などを通して受け取るなど手口も多様化しています。

被害にあったと思ったら、または不安なことがあったら、最寄りの警察に相談しましょう。


オレオレ詐欺

電話で息子や孫を装って、「会社のお金を入れたカバンを電車に置き忘れた」「交通事故を起こして示談金が必要」「会社のお金を使い込んだ」などという理由で、現金を振り込ませたり、仲介人などに現金を直接受け取らせる手口です。身内以外にも、警察や弁護士を装って、複数人による劇場型の詐欺も発生しています。

ポイント
落ち着いて周りの人に相談しましょう。

架空請求詐欺

ハガキや封書、電子メールなどで架空の事実を口実にして、料金が未払いである旨の請求や督促状を送り、現金を振り込ませようとする詐欺です。

ポイント
身に覚えのない請求に支払う必要はありません。焦って相手に連絡しないこと。

融資保証金詐欺

融資をしないにもかかわらず、融資をする旨の文書を送付し、申し込んできた人に、保証金と称して現金を振り込ませる手口です。

ポイント
保証金を支払う融資はありません。低金利という甘い言葉に騙されないで

還付金詐欺

税務署や社会保険事務所を装い、「還付金が出るので手続きをしてほしい」とATMまで電話で誘導し、振り込みの操作をさせることで現金を騙し取る手口です。

ポイント
ATMで還付金を返還することはありません。電話を持ってATMへ行く指示があれば、それは還付金詐欺です。