HOME 消費者教育情報学校関係 > 教材(学校向け)一覧003
学校関係教材ページタイトル
教材イメージ
神奈川県金融広報委員会 刊行物・ビデオ
【作成団体】神奈川県金融広報委員会
【概要】おこづかい帳などのお金の使い方や将来の生活設計へのアドバイスとなる教材を用意しています。ビデオやパネルは貸し出しを行っています。
【種類】ビデオ、リーフレット、冊子
【領域】生活の管理と契約
【ライフステージ】小学中学高校若者
【有料/無料】無料
エシカルアクションガイドブック
『私たちの行動が未来をつくる -めざせ!消費者市民 -』
【作成団体】公益財団法人消費者教育支援センター
【概要】チョコレート、スマートフォン、洋服...私たちが普段、何げなく選んでいる商品の背景に、児童労働や強制労働、紛争鉱物や環境破壊などの問題が潜んでいるとしたら?
 このリーフレットでは、身近な消費生活と現代社会が抱える問題をクイズ形式で関連づけて「現実を知り」、さらにそこから「私たちに何ができるか考え」、「行動する」を促すことを目的として作成されています。また、リーフレットで学んだ社会的課題を解決するための行動例として、「あなたの声を企業に届けよう」という手紙の書き方を載せたワークシートも用意しています。
【種類】リーフレット
【領域】消費者市民社会の構築
【ライフステージ】高校
【有料/無料】1部 70円(名入れ印刷可)
先生のための消費者市民教育ガイド
-公正で持続可能な社会をめざして-
【作成団体】公益財団法人消費者教育支援センター
【概要】本書は、平成24年12月に施行された消費者教育推進法のなかで示された「消費者市民社会の形成に参画する消費者の育成」を目指す消費者教育を「消費者市民教育」として、実践のヒント等を紹介する我が国はじめてのガイドブックです。
 西村隆男横浜国立大学教授・日本消費者教育学会会長を委員長とした消費者市民教育テキスト検討委員会により検討をかさねて作成しました。
【種類】冊子
【対象】成人(教員)
【領域】消費者市民社会の構築
【ライフステージ】成人
【有料/無料】1部 180円
君ならどうするこんなとき! Part2 改訂版
- ロールプレイングで学ぶ消費者トラブル -
【作成団体】公益財団法人消費者教育支援センター
【概要】ロールプレンイグは、カウンセリングの場をはじめ、語学の習得やビジネスでの研修や訓練などでも使われており、登場人物への共感的な理解を図り、状況・場面に応じた判断・対応力を身につけるための実践的な教育手法の一つです。
 本冊子は、学校の授業や消費者教育の講座などですぐに活用できるように、若者から高齢者にいたる様々な消費者トラブルをシナリオの形にして収録。さらに、話し合いを促すための観点、ワークシート、参考となるアドバイスを掲載しています。
【種類】冊子
【領域】生活の管理と契約情報とメディア
【ライフステージ】中学高校若者成人高齢者
【有料/無料】1部 1,500円
ろうきん 金銭教育サポートプログラム 大人社会へのパスポート
~身近なマネートラブルを考えよう~
【作成団体】中央労働金庫
【概要】高校生向けの教材。日常の消費生活のなかで起こりうる身近な問題について、事例をあげて具体的に解説します。
【種類】DVD(20分)
【領域】生活の管理と契約
【ライフステージ】高校若者
【有料/無料】無料
前の5件を見る

GO TOP