髙島屋のおもてなしを一人ひとりに徹底させるために気を配っています。
2人目、3人目も育てようという気に自然となってしまう環境。そう語る吉村さんも2児の子育て中
売り場に立つには、教育担当との面談を経てから。様々な視点でアドバイスを行います。

かながわ女性の活躍応援団 2015 No.06

横浜店
教育担当

柳田朋子さん

吉村   恵さん

株式会社髙島屋

従業員の70%が女性の会社。制度と風土で働く女性を支援します。

百貨店といえば、たくさんの女性が働く職場。それだけに、女性にとって働きやすい企業になるための努力はとても早くから始まりました。特長的なものは、1991年に生まれた育児時短勤務制度です。この制度は20年以上にわたって改善をかさねて、今では働き方に合わせて8パターンが用意されています。子どもが小学校4年生就学に達するまでと期間も長く、多くの女性社員が活用しています。女性管理職やバイヤーが増えてきているのも、それぞれ特化した研修が用意されているから。当然のように女性が働き続ける、そんな会社の空気は、もはや風土と言えそうです。時短勤務のように柔軟で細やかな制度が、企業から保育園などの公共サービスにも広がってほしいですね。

  • 木本   茂
  • 髙島屋のお客様も約80%が女性です。日本だけではなく海外店舗でも、女性の感性や能力を引出していける企業を実現します。

代表取締役社長

木本   茂

  • 女性活躍推進への
    主な取組み
  • 企業成長に不可欠な女性活躍推進の情報開示に務めます。
  • 更なる制度の整備や教育・研修の拡充に取り組みます。
  • 育児経験者や育児勤務者ならではの視点でお客様ニーズに応えます。
  • 男女問わずワークライフバランスをサポートします。
  • ムーブメント
    拡大のために
  • アジア諸国を含むグループ企業各社に、女性の活躍推進に向けた取組みを積極的に働きかけます。

我が社の活躍ウーマン レポート

2016

  • アサヒビール株式会社
  • アツギ株式会社
  • キリンビール株式会社
  • JFEスチール株式会社
  • 第一生命保健株式会社
  • 飛島建設株式会社
  • 日本発条株式会社
  • 富士フイルムホールディングス株式会社
  • 富士屋ホテル株式会社
  • 国立大学法人横浜国立大学

2015

  • 神奈川県
  • 日揮株式会社
  • 株式会社アイネット
  • 京浜急行電鉄株式会社
  • 株式会社資生堂
  • 株式会社髙島屋
  • 株式会社ツクイ
  • 日産自動車株式会社
  • 株式会社ファンケル
  • 富士通株式会社
  • 株式会社横浜銀行