「男性×家事育児×オープンイノベーション・コンソーシアム」が目指すもの

SDGs未来都市 神奈川県において

家事育児が、ライフ(生活、人生、いのち)を豊かにする【幸せごと】と実感できる社会
男性も、女性も、家庭も、企業も、みんながHAPPYな社会の実現を目指しています。

そのために、男性の家事育児が日常的に当たり前化する社会環境の形成を目指します。
(男性の家事育児をターゲットとした新市場の創出や、多様な主体の連携による当たり前化環境の拡大等)

男性の家事育児の日常的当たり前化環境ができると

  • 男性が家事育児に積極的に関与する家庭が増え、人生を豊かにするための幸せな生活環境が実現します
  • 働き方改革などと合わさって、ワーク・ライフ・バランスが実現します
  • 女性の生涯にわたっての就労継続とキャリアアップが促進されます
  • ダイバーシティ経営やCSVにより、企業の収益増に寄与します
  • 将来の日本社会の少子高齢化対策・持続可能な社会形成に寄与します
「ジェンダー平等」 その中でも「男性の家事育児」をトリガーとして、企業、NPO、行政等の「パートナーシップ」により「働きがい」と「経済成長」の同時実現を目指す図

コンソーシアムは、ともに創り出す場所

目標実現に向けて、参加メンバーによる「オープンイノベーション」により、新市場創出、行動変革普及を進める社会的加速装置です。

コンソーシアムの構成 「男性・家事育児」をビジネスの対象とする企業、働き方改革・女性活躍・男性社員の家事育児支援に取り組む企業、家事・子育てNPO、自治体、コンソーシアムアドバイザー濱田真輔氏(キッズデザイン協議会フェロー)、事務局(かなテラス)※個人参加も可能

コンソーシアムの具体的取組み(メンバーと一緒に考えていきます)

  • コンソーシアムメンバー発案によるイノベーション企画の実証(メンバーオープン参加)
  • 定例会の開催(先進取組事例や取組成果の発表、出会いの機会、情報交換等)
  • WEBによる発信
  • and more…