神奈川県議会 会議録の記録方法を見直しました

掲載日:2019年2月8日

概要

 会議録の記録方法については、現在、会議規則に基づき、速記及び反訳を委託により実施していますが、国会では速記者の養成を中止し、今後その確保が困難になることが想定されます。

 また、本庁庁舎の地震・津波対策工事にあわせて対面式の議場を導入するにあたり、現在の速記者席は廃止することとしていることから、速記のあり方について検討しました。

今後の会議録の記録について

 全国的な状況も踏まえ、今後は次の措置を講じたうえで、速記は廃止することとしました。

 ■バックアップ体制の整備

  録音機器の不具合により記録が不完全にならないよう、バックアップ用の機器を備えます。

 ■視覚情報の記録体制の確保

  資料を図示する様子や手話による質問等に対応するため、議場内の書記が視覚情報を記録します。

 ■廃止時期

  平成28年3月31日をもって廃止しました。(平成27年12月21日議会運営委員会決定)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa