神奈川県議会 議員定数と選挙区のあり方について議長に報告しました

掲載日:2019年2月8日

議員定数及び選挙区のあり方について議長に報告しました

概要

 平成25年度の議会改革検討会議では、県議会議員の定数及び選挙区のあり方について、有識者や非交渉会派の意見聴取を行うなど、真摯な協議を重ねました。

 議会改革の理念を踏まえつつも、会議を構成する各会派の考え方の整合を図りながら、議論の方向性を整理し、このたび、会議として共通の理解が得られましたので、議長に報告するとともに、早期に議員定数等検討委員会を立ち上げ、条例改正に向けた作業を加速させるよう、議長に提言しました。

報告書の内容

   1 総定数について

     (1) 議会改革の視点の重視 (2) 総定数の考え方

   2 個別の選挙区について 

   3 人口動態等を見据えた定数検討について

   4 改正公職選挙法への対応について

   5 今後の議会改革等に向けた課題

     (1) 議会改革への取組

      ア 委員会機能の充実 イ 議会機能の一層の強化

     (2) 行政改革への取組

      ア 従来からの取組 イ 今後の取組の方向


     (参考)議会改革検討会議報告書(平成25年12月19日)(PDF:272KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる